Home田村 優幸 Masayuki TAMURA風韻(創生) Wind -Rhyme(Creation)

風韻(創生) 
Wind -Rhyme(Creation)

田村 優幸 Masayuki TAMURA

一点一点が作品であり、手作りなので、個体差がある。展覧会の際には、集合的に展示される。状況により、吊るされたり、壁に掛けられたり、金属のスタンドにのせられたりする。
There are individual difference, because of handmade. When the artist has the exhibition, they are showed collectively. Depends upon installation, they are hung or put on wall or on metal stands.

 

オブジェ(金属のスタンド付き) object with metal stand
no.1~21、23~24 (no.22は欠番)

 

素材:手漉き楮和紙 material : handmade Japanese paper
サイズ(平均) size(average) : 360×360×70 (W×D×H) ㎜
スタンド素材:メタル、ピアノ線 stand material: piano string and metal
スタンドサイズ(平均) stand size (average) : 160×160×620(W×D×H) ㎜

 

 

 

¥71,429 税別

在庫24個

作品コード: 017034~017057 作品カテゴリー:

説明

一点一点が作品であり、手作りなので、個体差がある。展覧会の際には、集合的に展示される。
状況により、吊るされたり、壁に掛けられたり、金属のスタンドにのせられたりする。
There are individual difference, because of handmade. When the artist has the exhibition, they are showed collectively.
Depends upon installation, they are hung or put on wall or on metal stands.

オブジェ(金属のスタンド付き) object with metal stand
no.1~21、23~24 (no.22は欠番)

素材:手漉き楮和紙 material : handmade Japanese paper
サイズ(平均) size(average) : 360×360×70 (W×D×H) ㎜
スタンド素材:メタル、ピアノ線 stand material: piano string and metal
スタンドサイズ(平均) stand size (average) : 160×160×620(W×D×H) ㎜

 

気 跡

(English is below)

宇宙の始まりが混沌であったならば、
それは闇でもなく、光でもなく、善でもなく、悪でもなく、
無であったのだと思いたい。

しかしあるとき、無でもある混沌にわずかな歪みが生じ
歪みが周りの気を集める起点となったとき
均衡は破れてしまったのだろう。

均衡が破れることにより、密なる部分はさらに密となり、
疎なる部分はさらに疎となった。

密なる部分は視覚化し、創造の始まりとなり
疎なる部分は虚となり、虚空の視覚化となった。

おそらく、宇宙には始め意思があったのだろう。
空間の中の虚空は意思が働いた跡であり、
気の働いた跡でもあるのだろう…と私は思う。

2018.9.13

Vestiges of Air

If the dawn of the universe was that of chaos,
it was not of darkness, not of light,
not of good, not of evil,
it was of nothing, one would like to think.

But at one point, a miniscule distortion occurred in the chaos of nothingness.
That distortion became a fulcrum for the gathering of air
and the equilibrium was broken.

As balances were undone, densities intensified,
elasticity expanded.

Substantiality became visible, the start of creation,
the tenuous became virtuality, the immaterial became identified.

There was certainly a purpose behind the birth of the universe.
The void in space is the trace of the undulations of this will
or the vestiges of the flow of air perhaps
………..I think. 2018.9.13

 

<作家紹介/Introduction of the artist>

田村優幸 Masayuki TAMURA

現代美術 contemporary art

(English is below)

1954年 埼玉県生まれ
1977年 多摩美術大学油画科卒業

受賞歴
1988年 第1回EU-JAPON現代美術交流展 奨励賞(木場SOKOギャラリー)
1995年 第45回埼玉県美術展覧会 共同通信社賞
2000年 第13回全国和紙画展 佳作(美濃和紙の里会館/岐阜)

個展
1994年 ギャラリーKIRINスペースⅡ/京橋
1995年 銀座・井上画廊/銀座
1999年 ギャルリークリヨン/青山
1999年 ギャラリー・ビーワン/京橋
2000年 小野画廊/銀座
2002,2003 年 ギャラリー山口/京橋
2002, 2004, 2006年 ギャラリー・SOL/銀座(2004, 2006年)
2004年 川越市立美術館・タッチアートコーナーにおけるインスタレーション等/埼玉
2013年 蘭山美術館/川越
2017年 いりや画廊/上野

グループ展
1993~1996年 グループ展「ウィットネス」/川越市立図書館
1994年 独立美術協会展/上野
1995年, 1996年 第13,14回伊豆美術祭絵画公募展
1998年 ドイツ・オランダ・ベルギー美術賞展
1998年 第38回 今日の巨匠と青年展/パリ招待サロン出品(ルクセンブルク・パリ・クロアチア・スロベニア)
1999年 第14回富嶽ビエンナーレ展
2000年 第29回現代日本美術展/東京都美術館、京都市美術館
2000年 第13回全国和紙画展(美濃和紙の里会館/岐阜)佳作
2007年,2008年 現代美術CAT展/相模原市民ギャラリー
2008年 「気跡」鳥取砂丘 Project /鳥取砂丘&砂丘海岸、ギャラリーアンドウ、智頭
2011年~ 蔵と現代美術展及びプレ蔵と現代美術展/旧川越市街/6回
2011年,2013年,2015年CONTEMPORARY ART NOW KAWAGOE/アートギャラリー呼友館/川越
2013年 横浜開港記念アンデパンダン展/赤レンガ倉庫

プロジェクト
2001年 河川敷における粘土によるインスタレーション(狭山市入間川/4月~7月)
2001~2002年 山間の休耕田におけるインスタレーション(埼玉県美里町白石地内/8ヶ月間)
2002年 粘土によるインスタレーション(埼玉県大里郡寄居町末野地内/4月~7月)
2002~2004年 休耕田でのインスタレーション(川越市大袋地内/1年4カ月間)
2003年小学生児童を動員してのパフォーマンス及びインスタレーション(川越市池辺地内休耕田)
2006年 現代美術と小江戸川越とのコラボレーション/川越成田山別院境内、旧織物市場跡
2009年 渓流プロジェクト/奥多摩丹波山

 

1954 Born in Saitama
1977 Graduated from Tama Art University

Award
1988 Encouragement Prize at The first EU-Japon contemporary art exchange exhibition
1995 Kyodo New prize at the 45th Saitama Art Exhibition
2000 Fine Work Prize at 13th Nationwide Japanese Paper art exhibition (Mino, Gifu)

Solo Exhibition
1994 Gallery Kirin SpaceⅡ/ Kyobashi, Tokyo
1995 Ginza・Inoue Gallery / Ginza, Tokyo
1999 Gallery Crillon / Aoyama, Tokyo
1999 Gallery B1 / Kyobashi, Tokyo
2000 Ono Gallery / Ginza, Tokyo
2002,2003 Gallery Yamaguchi / Kyobashi, Tokyo
2004, 2006年 Gallery・SOL /Ginza, Tokyo
2004 Installation in Touch Art cornor in Kawagoe Municipal Art Museum, Kawagoe, Saitama
2013 Ranzan Museum Kawagoe, Saitama
2017 Iriya Gallery, Ueno, Tokyo

Group Exhibition
1993~1996 Group exhibition ”Witness”/The Municipal Library of Kawagoe
1994 The Exhibition of Dokuritu Art institution
1995 The 13,14th Izu Art festival, painting section
1998 Art Award of Germany and Netherland, Belguim
1998 The 38th Contemporary exhitbion fo Master and youth(Luxembourg, Paris, Craicia, Slovenia)
1999 The 14th Fugaku Biennale
2000 The 29th Contemporary Japanese art exhinbition/Tokyo Metolopolitan Art Museum, Kyoto Municipal Museum of Art
2000 The 13th NationalJapanese paper art exhibition (Mino, Gifu)
2007,2008 Contemporary art CAT exhibition/ Sagamihara citizen Gallery
2008 “Arir Trace” in Tottori Sand Hill project, Gallery Ando/ Chizu, Totttori prefecture
2011 Series exhibition “Kura and Contemporary art” 6 times
2011, 2013,2015 CONTEMPORARY ART NOW KAWAGOE/ Art Gallery Koyukan/ Kawagoe
2013 Independent exhibition in Yokohama Port Festival/ Red Blick Warehouse

Project
2001 Installation of Clay Works in the Riverbed (Iruma River, Sayama/ April to July)
2001~2002 Installation in abondende rice field in Mountation (Misato, Saitama/ 8 monthes)
2002 Installation of Cry Works (Yorii, Saitama/ April to July)
2002~2004 Installation in abondened rice field (Kawagoe/ 1 year and 4months)
2003 Performance and Installtion by Elementary shool students (abondened rice field, Kawagoe)
2006 Collaboration for contemporary art and Koedo Kawagoe/ Naritasan Betsuin temple and the used market of Textile, Kawagoe
2009 The mountation project/ Mt. kutama Tanba