Home矢萩 典行 Noriyuki YAHAGI格子柄大皿 Checked Large Plate

格子柄大皿 Checked Large Plate

矢萩 典行 Noriyuki YAHAGI

陶器 ceramic work

サイズ size : 50 × ø400 (mm)

 

 

¥27,778 税別

在庫1個

作品コード: 018013 作品カテゴリー:

説明

陶器 ceramic work

サイズ size : 50 × ø 400 (mm)

 

 

矢萩典行 Noriyuki YAHAGI

(The English is below)

1954年 北海道北見市生まれ
1977年 多摩美術大学絵画科油画専攻卒業
2008年 埼玉県美術展覧会(県展)入選
2009年 笠間陶芸大賞展「花のうつわ賞」受賞
全陶展入選(~2010)
2010年 日本現代工芸美術展入選(2014会員)
2011年~川越「蔵と現代美術展」主催及び展示
2011年〜CONTEMPORARY ART NOW KAWAGOE 主催及び展示
2012年 札幌ビアマグランカイ9入選
2015年 常滑長三賞陶芸ビエンナーレ入選
2017年 青森『音楽は愉快だ!』
クラシックと陶と光のコラボレーション

 

陶芸に関して考えたこと  矢萩典行

陶芸をやり始めてしばらくが過ぎた頃、
この作業は地球の循環を一部人為的に早めたものだ、
ということに思い至りました。

地の底から吹き出した溶岩が冷えて固まり、岩になり、石になり、
やがて風化し砂土になり、何億年か何十億年を経て溶岩になる。
陶器もやがて壊れて、風化し、いずれは自然の循環の中に戻ることになります。
そう思った時、作品としてある現在の姿は、
自分では完成形と思っても、
循環の過程の一事象かもしれない。
とすれば、完成形は作者の自己満足であり、
完成などというものは存在しないのかもしれません。
過去に絵を描いていた時も、どこで完成とするかは難題でした。

昔、あるコンクールに出品して審査員と話した時に、
「もっと土と対話をして」と言われたことがあります。
確かに大きな作品を作っていると、
ある時期から作品が主張を始めることがあります。
(もちろん土が話しかけることはありませんが)
それを力づくでねじ伏せようとするといい作品にならないように感じます。
当たり前のことかもしれませんが、
謙虚に作品と向かい合うというのが
作家の姿勢として必要なんだと心がけています。

僕の作品は見ていただく今が完成じゃなく、
循環の中の一事象であるということを、
ご理解いただければ幸いです。 

 
Born in 1954, Kitami-city, Hokkaido prefecture in Japan
Live in Kawagoe, Saitama
1977 graduated from Tama Art University, department of oil painting (Tokyo)
2008 selected in “Art Exhibition in Saitama Prefecture”
2009 awarded “vessel for flowers prize” in “Kasama Pottery Exhibition” (Kasama, Ibaraki)
2010 selected “Japanese Contemporary Craft Art Exhibition” (Tokyo)
2011~2017 organized and worked for Kura and Contemporary Art Exhibition (Kawagoe, Saitama)
2011~ organizing and working for CONTEMPORARY ART NOW KAWAGOE (Kawagoe, Saitama)
2012 selected in the exhibition“Beer-Mag Rankai 9” (Sapporo, Hokkaido)
2014 Membership in Japanese Contemporary Craft Art Exhibition
2015 selected in “Chozo prize biennale” (Tokoname, Aichi Prefecture)
2017 collaboration works for “Joy of Music”, classic music and pottery and lighting (Aomori Prefecture)
nbsp;

 

What I have thought about the pottery works

&by Noriyuki Yahagi

After a whole since I’ve started pottery,
I’ve found that these works made the circulation of the earth faster artificially.
Naturally lava comes up to the surface from the bottom of the earth and gets cool,
and coagulates to lock and stone, and then weathers to soil.
After more than hundred million or billion years, it gets back to lava again.
Similarly potteries will be broken, weathered and back to the circulation of nature, too.
In the meaning even if I thought I have completed my pieces by myself,
it must be merely a part of phenomenon of it.
Therefore the completion might be self-satisfaction by artists;
it may never exist on the earth.
I had experienced of the same question for my paintings when I was younger.

When I entered my works in a contest some years before,
a panel of judge talked to me “you have to dialogue with potter’s clay more”,
Actually when I was working with bigger size of pieces,
I sometimes felt they were beginning to assert .
(Of course they never speak) In such moment I think I should not press them.
For an artist I think it must be important to be humble to work.

I expect you understand that my works are not completed in the moment you saw
but also the part of phenomenon of the circulation.