Home浜口 陽三 Yozo HAMAGUCHI青い蝶 15枚組 blue butterfly

青い蝶 15枚組 blue butterfly

浜口 陽三 Yozo HAMAGUCHI

 
 
メゾチント Mezzotint
1982年
edition:

各作品サイズ each image : 50×50(H×W) mm
×15 pieces
額サイズ frame size : 812×530(H×W) mm
箱あり with box
 
 
額込み framed

¥800,000 税別

在庫1個

作品コード: 021004 作品カテゴリー:

説明

メゾチント Mezzotint
1982年
edition :
真ん中の作品の下にサイン sign under the center work
 
各作品サイズ each image : 50×50(H×W) mm ×15 pieces
額サイズ frame size: 812×530(H×W) mm
箱あり with box
額込み framed

 

浜口 陽三 Yozo HAMAGUCHI

1909年、和歌山県生まれ。東京美術学校(現・東京藝術大学)では彫刻科塑造部に入学したが、2年で中退しパリへ渡航。パリ滞在中、独学で油彩、銅版画を学ぶ。戦後本格的に銅版画を始め、20世紀におけるメゾチント技法(銅版画の一技法)の復興者、カラーメゾチントの創始者として国際的に知られる。
1957年、東京国際版画ビエンナーレでは国立近代美術館賞を受賞、同年、サンパウロ国際版画ビエンナーレで日本人としては初めて版画大賞を受賞するなど、数々の国際展での受賞は枚挙にいとまがなく、世界的な銅版画家の第一人者として評価されている。

born in Wakayama prefecture in 1909. He entered Tokyo Fine Arts School (present Tokyo University of the Arts) to study sculpture. In 1930 he quit the university and went to France to study oil painting, copper-plate engraving. He returned back to Japan after WWII, determined engraving work. He went Paris again in 1953, and in 1955 developed the original technique of color mezzotint.
Since being awarded the Grand Prize of National Museum of Modern Art at the first International Biennial Exhibition of Prints in Tokyo, and the International Printmaking Division at the São Paulo Biennial as the first Japanese artist in 1957, he awarded many times at various international art exhibitions. He has been evaluated as the one of the leading copper-print artists in the world.