田代翔太

地層や木々など自然が創りだす面白い表情に興味を持ち、作為をなくす表現を目指した作品。

(100×100×150 mm)

¥54,000 税込

在庫1個

作品コード: 005003 作品カテゴリー:

説明

100×100×150 mm

ガラス

自然から切り出されたような長方形の重たいガラスは、透明なゆえ、空間との境界が曖昧である。
透明なガラスが放つ不思議な広がりと、さも自然に削られたかのようなガラス作品は、自然が創りだした造形に似た感動を思い出させる。
キルンキャストとコールドワークの技法を用い、1枚1枚スチレンペーパーを切って重ねて原型を作って制作されたオブジェ。

 

Shota TASHIRO / 田代 翔太

ガラス

 

1985年生まれ
2013年 大阪芸術大学 大学院 博士課程(前期)芸術研究科芸術制作専攻 工芸領域 卒業

グループ展

2012 GEN 第5回ガラス教育機関合同作品展
   ガラスの貌 vol.1-共鳴する遊星たち-
   硝子+金工=
2013 GEN 第6回ガラス教育機関合同作品展
   ガラスの貌 vol.3-祝祭の華-
   大阪芸術大学 工芸学科ガラス工芸コース10周年記念同窓会展
2014 第7回黎明展
   壮月のglass展
2015 第8回黎明展
   第1回美術科教員による作品展
2016 第1回草創

受賞歴

2008 第50回 大阪工芸展 入選
2009 第48回 日本現代工芸美術展 入選
2011 第57回 全関西美術展 入選
   第62回 茨木市美術展 市長賞(木村賞)
2012 第54回 大阪工芸展 大阪工芸協会平松賞
   第51回 日本現代工芸美術展 入選
   第63回 茨木市美術展 入選
2013 第59回 全関西美術展 入選
2014 第56回 大阪工芸展 大阪工芸協会奨励賞
2014 第56回 大阪工芸展 大阪工芸協会奨励賞
   第65回 茨木市美術展 茨木商工会議所会頭賞
2015 第66回 茨木市美術展 入選